Pai, Thailand〜古き良き懐かしの風景に出会えるパーイ。のんびりDays~

クラビやチェンマイで出会った女性たちが口々に言っていた、「今訪れるべき場所はパーイだよ」という言葉。
ツーリスティックすぎず、でも程よくおしゃれなお店なども多く、女性バッパーに超人気なのだとか。
そりゃー訪れなきゃな!
ってことで、チェンマイからバスでパーイにやってきました。
かなり悪路には慣れていたつもりでしたが、くねくね山道を飛ばして走るもんでリアルに吐きました。同乗者のみなさまごめんなさい(´;ω;`)

いざパーイについてみると、のんびりとした田園風景が広がります。
_DSC7418_1.jpg 

南部のビーチでもなくバンコクの熱気でもなく、どこか昔の日本を思わせるような、素朴な風景が心地よい!
_DSC7571_1.jpg 
人々の生活もまた、自然に根ざしたオーガニックな暮らし(´∀`*)

なんだこの激可愛いワンコ達!
_DSC7577_1.jpg 

川風呂を浴びてらっしゃいますが、水はまあまあ冷たいです。
_DSC7483_1.jpg 
真冬でこの気温だから、夏は暑そうだけど!

習って、わたしもキャンプ場にて泊(゚∀゚≡゚∀゚)
IMG_2827_1.jpg 
夜はダウンジャケットを羽織るほど寒いんだけど、遠く近く聞こえてくる虫の音がたまりません。
外の音や風の流れ、気温の変化をダイレクトに感じられるのは、テント泊の魅力です。

この雰囲気に囲まれたら、もうのんびりするしかないじゃないヽ(´∀`)ノ
_DSC7447_1.jpg 

昼間はテント場にあったおもちゃでジュリアンと暇つぶししたり、料理してみたり、本当にのんびり。
IMG_2844_1.jpg 

夜はふらふらと歩いて、地元のファミリーにお誘いを受けるがままに飲みに混ざってみたり。
IMG_2856_1.jpg 
時間の速さ、1秒の長さは世界のどこにいても変わらないはずなのに、ここではとても緩やか。
そういう時間の使い方こそ「贅沢」なのだと、とみに感じます。

パーイも一大バッパー的観光地なので、中心部は屋台や可愛らしい露天でおお賑わい(´∀`*)
_DSC7523_1.jpg 

でも15分も歩けば、蛍が舞い遊ぶひそやかな流れに出会えたりします。
_DSC7559_1.jpg 
これは、控えめに言ってパーイ最高!

のんびりしつつも、森の奥のウォーターフォールにトレッキングに出かけてみることに。

関連記事
スポンサーサイト

パーイ

0 Comments

Leave a comment