Colombo, Sri Lanka〜高温多湿が嬉しい!緑溢れるインド洋の涙へ~

ベルリンを出発する時には、アフリカを横断しようかだの、ヨルダンからのパレスチナに行くだの色々と予定を立てていたわたくしでしたが・・・
・思ったよりも寒い気候が辛くなった(ヨルダンは0℃!)
・蚊だらけの環境を南下するのも辛くなった
・乾燥しまくってて、肌がカッサカサなのが辛くなった
・セクハラ満載のアラビアンにすっかり辛くなった
(なんて軟弱バッパーになっちまったのさ・・・(つω-`。))
そこに、たまたま開いたskyscannerでスリランカ行きのチケットを発見。
そのお値段、何と2万円以下!(税金やら荷物代やら含む)
衝動的に飛ぶことにしましたヽ(´∀`)ノ

もしヨルダンに行っていたら、丁度到着する頃に、有名観光地でテロが起こっていました。
ベルリンも出てからテロが起こったし、クアラルンプールも出てから金正男氏の暗殺事件が起きたし・・・
ナンなんでしょう、毎度の事ながら超絶強運(=゚ω゚)ノ
わたしはありがたくもいつもいつも何かに護ってもらっているけれども、被害に遭われた方もいらっしゃる訳で。
全ての人間が、生きとし生けるものが、痛い思いをすることの無い世の中になれば良いのにねえヾ(o´∀`o)ノ


モーゼが大変苦労してエキソドスした様に、わたしにとっても出エジプトはちょっと大変でした(*`へ´*)
・スリランカ行きのチケットを提示するも、出国チケットが無いと乗せられないと突っぱねられる
・空港の超絶弱いWi-Fiでチケットを探すも、エアアジアのサイトがよりによってダウン中
・中国系のサイトから予約するも、届いたメールが英文じゃないからダメ!と言われる
・何とかチケットを買って見せてOKが貰えた段階で、もう搭乗が始まる時間
・バックパックを預けようとすると、ビニールでぐるぐる巻きにしないと受け付けないと言う
・慌てて空港内をかけずり回り、機械を探してやってもらう
・正規のラッピング値段とは別に、チップを要求される。それどころじゃない!

ぎりぎりで乗り込んだ飛行機は・・・クェート経由(・Д・)ノ
IMG_1995_1.jpg 
見よ、この荒寥とした茶色の大地を。緑が恋しくなる気持ちも分かるだろうよ。

クェートって!?戦争のイメージしかないけど大丈夫((´・ω・`;))
って思ってたけれども、リッチな国でした。
IMG_2006_1.jpg 
空港の時計はオメガだよう。

そうこうしてたどり着いた、緑の国スリランカの首都コロンボ!!
_DSC4122_1.jpg 
植物たちが嬉しそうだよーう(´∀`*)

宿からすぐの所に、海岸線が。
_DSC4085_1.jpg 
いやーーー、ベルリンの秋とエジプトの冬、枯れた季節を過ごして来た身には、高温多湿の溢れるグリーンが何とも嬉しいことよ!!

いつ以来のアジアの地かしら・・・前回はインド・ネパールなので、2年ぶり。
肌がべたべたになることが、こんなにも幸せとは!!
この湿度は、アジアを豊かにする恵みですなあ((^∀^*))

カラフルなリクシャとか・・・
_DSC5137_1.jpg 

仏教圏に戻って来た雰囲気、ちょっと安心しちゃう。
_DSC5168_1.jpg 

市場のくっしゃくしゃ感とか、懐かしいアジアだぜぇーー(´∀`σ)σ
_DSC4157_1.jpg
スリランカは貧しいって聴いていたけれども、やっぱり世界の工場ちうごくに近いからか、思ったよりもモノに溢れている。

市場の外れには、サリーを縫うテイラーさんが居たり(」*´∇`)」
_DSC5167_1.jpg 

小腹が空いたら、おやつにお汁粉?的なドリンクを飲んだりv(o゚∀゚o)v
_DSC4171_1.jpg

スリランカフードは、どれも超絶激辛でした!
IMG_2131_1.jpg
スイーツにまで、甘い中にちょっとぴりっとチリが入っているからビックリ。

初めてのスリランカ、でも久々のアジアをたっぷり感じ、嬉しくて深い眠りにつく夜でした!

 




関連記事
スポンサーサイト

出エジプト スリランカ コロンボ

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/28 (Fri) 01:10 | REPLY |   

Leave a comment