Luxor, Egypt〜ツタンカーメンが眠っていた場所。王家の谷へ~

  • CATEGORYEgypt
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
かつての名をテーベとして栄華を誇ったルクソール
世界遺産として名高いこの町に、カイロから夜行バスでやってきました(・Д・)ノ


街はナイルを隔てて、二つに分けられています。
_DSC2486_1.jpg
川の東側は、陽の登り来る生者の地。
太陽が沈んで行く西側は、王家の谷などがある死者の街。


そう、ルクソールの一番の見どころは、王家の谷!
あのツタンカーメンの墓が発掘された場所です(^∇^)ノ

と言うわけで、ふらりと訪れてみることに。
IMG_1360_1.jpg
ぱっと見は、本当にただのガレ山。
それもそのはず、当時から盗掘に悩まされていた王家はピラミッドを建てるのをやめ、墓を隠す目的で谷間の分かりづらい所に埋葬を始めたのです。

相棒はカイロでずっと一緒だったひとみん(*´~`*)
IMG_1353_1.jpg
トロッコに乗って出発ヽ(´∀`)ノ

いざ、これがお墓の中です!!!
って写真を載せたいのですが、残念ながら内部は厳しく撮影禁止となっています(ノ_<)

ネットからの拾い物ですが、まさにこんな感じ。
tomb-of-ramses-vi_1.jpg 
3千年以上の時を経てなお、褪色もせずに美しく保たれた壁画にわくわくが止まりません(*´_ゝ`)

エジプト唯一の女性ファラオにして、モーセの義母とされているハトシェプストの祭殿。
_DSC2628_1.jpg 
遠目にも分かる程の、見事な存在感です(* ´ ▽ ` *)
(ちなみにコレ、コンクリートで出来ているわけじゃないからね、3千年以上前の建築です)

壁を埋め尽くすように彫られたヒエログリフやカルトゥーシュが印象的。
_DSC2660_1.jpg 
うーん、読めるようになりたい!
(実はヒエログリフはアルファベットの対応表があるので、読むだけならば出来そう。意味分からないけれども)

壁画の顔が破壊されているのは、後世の統治者によるものだそうな。
_DSC2590_1.jpg 
よくある話ですなあ(*`・з・´)
歴史と事実の記録は、勝者と為政者によって塗り替えられる。

ハトシェプスト女王祭殿は、後世にはコプト教徒に使われていたそうで、壁に古代コプト文字の落書きが残されています。
_DSC2611_1.jpg 

文字と歴史と文化を巡るロマンに一旦思いを馳せ始めたら、それはとっても奥が深くて(*’U`*)
エジプトという地では特に。

メムノンの巨像はかつて、ナイルの氾濫期に船で間を行き来することが出来たとか。
_DSC2696_1.jpg 

そして・・・何の神殿だっけ、忘れてしまった・・・Σ(ω |||)
_DSC2690_1_20170123002802bf7.jpg 

アンク(エジプト十字)が微妙に擬人化されていて、可愛らしかったです。
_DSC2679_1.jpg 
ちなみに、キリスト教といえば十字架のイメージがありますが、それは実はこのアンクから来たものでは?という説もあるようです。

帰り道は、ライトアップされたルクソール神殿を眺めながら(*゚ェ゚*)
_DSC2500_1.jpg 

こういうモノを見ると、歴史をもっと勉強したいなーと思うし、
素敵な人に出会えば、語学を本気でやるべきだなーと切実に実感するし、
新たな土地に立つ時は、地理や政治について深く知っておくべきだなーと・・・

学ぶべきことが尽きなさすぎて、本当に困ります!!
(そして勤勉でもない自分の性格が残念すぎて困る(;д;))
まだまだルクソール編続くよ!

関連記事
スポンサーサイト

テーベ ルクソール 王家の谷

0 Comments

Leave a comment