Cairo-5, Egypt〜ゴミの街だけれども、スラムではない。コプト教徒の居住地へ~

  • CATEGORYEgypt
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
コプト教徒が住む、リアルなエリアが面白いよ!
とのホリエ氏のナビゲーションで、そこにたどり着きました。

まっすぐに伸びる線路(´∀`*)
_DSC2198.jpg 
日常の生活が繰り広げられていますが、時折電車が通ります。

変顔をするキッズ達に捕まりつつも・・・
_DSC2425.jpg 

ゴミを漁る猫と、犬と、牛と、馬と、平等な生きとし生けるものたち。
_DSC2206.jpg 

前の記事で紹介した教会は丘の上にあり、そこからはコプト教徒の居住区を見渡せます(´∀`*)
_DSC2223.jpg 
幾つもの建物にわたるグラフィティは、エジプト系フランス人アーティストによるもの。

屋上では鳩使いの少年が、口笛で見事に鳩たちを操っていました(*゚Q゚*)
_DSC2285.jpg 

実は、ここは「ゴミの街」なのです。
_DSC2265_201701211154096b2.jpg 
建物に取り付けられた十字架から分かるように、ここはコプト教徒の住む場所。

ムスリムの国で生きる少数派の彼らは、
一般的な就職が難しく、ゴミの仕分け作業などに従事することが多いとか。

と言うわけで、カイロ中のゴミがここに集められ、彼らは手作業でそれらを仕分けしていました。
_DSC2334.jpg 

大変なんだろうなー、と、現代的価値観に生きて来たわたしなどは(傲慢にも、そして偏狭にも)思ってしまったりもしたのですが、彼らは自分の仕事に誇りを抱いており、とても豊かな笑顔で迎えてくれました(* ´ ▽ ` *)

道往く人も超絶フレンドリー!
_DSC2378.jpg 
ここでは女性達もヒジャブを被っていないためか、エジプトにありがちなセクハラもありません(・Д・)ノ笑

様々なジャンルの職人さんも居たり・・・
_DSC2391.jpg 

世界に幾つかある「マザーテレサの家」にお邪魔したのですが、ちょうどそこで英語を習いに来ている女子たちに取り囲まれ(・∀・)
_DSC2350.jpg 
運営はカトリックですが、コプト教徒にも門を開いており、子供たちが学校を終えた後に英語を習いに来ているとか。
シスターに話を聞く機会を得ましたが、差別を受けるコプト教徒に少しでも教育を受けさせ、良い生活に導きたいとの志でした(´ω`人)


とにかく彼らはとてもフレンドリーで、カメラに気付いた瞬間、「撮ってくれ!」と言われること多々!
_DSC2414.jpg 

連れて行ってくれたホリエ氏曰く、
「とても素敵な人々が住むところで、ゴミの街ではあるけれども、スラムとは呼びたくない」と。

とても印象に残る一日で、正直ピラミッドよりも面白かった!
ホリエ氏たちと別れた後、夕方まで街に滞在しました。

帰り際のお茶タイムonストリート(」*´∇`)」
_DSC2434.jpg 

ガイドブックとはひと味違うカイロを垣間見ることができた一日でした。
時間を割いて(無料で)ツアーしてくれたホリエ氏に感謝!

関連記事
スポンサーサイト

カイロ コプト

0 Comments

Leave a comment