スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leipzig, Germany〜ここから、あの珠玉の音楽たちが生まれた。ライプツィヒへ〜

ライプツィヒ。
クラシック・ファンには聖地のような、音楽の巨匠達を育んだ場所です(・Д・)ノ

J.S.バッハ。メンデルスゾーン。シューマン。ワーグナー。リスト。滝廉太郎・・・

音楽史に名を刻む、錚々たる面々にゆかりのあるライプツィヒ。
ベートーベンやシューベルト、ブラームスなどの交響曲が初演された舞台でもあります(*゚Q゚*)

教会のステンドグラスに並ぶのは、音楽家達。
_DSC8114_1.jpg 

トーマス教会には、JSバッハが今も眠るお墓があります。
_DSC8116_1.jpg 

シンプルな教会ですが、知っている美しい曲たちがここで生まれたのかと思うと、感慨深い(* ´ ▽ ` *)
_DSC8118_1.jpg 
ちなみにマルティン・ルター(宗教改革をした人ですね)は、この教会で演説をしています。

カフェタイムには、ヨーロッパ最古のコーヒーハウス「カフェ・バウム」へ。
_DSC8126_1.jpg 
文豪シラーや詩人ゲーテ、上記の音楽家達が通っては談義に花を咲かせたカフェとしても知られています。(ナポレオンも!
当時はほんまに文化の都だったんだなΣ(゚□゚(゚□゚*)

ゲーテの名著「ファウスト」の彫刻。
_DSC8129_1.jpg 
オペラを観て以来、わたしはすっかりメフィストの虜でござんす(*ノ∪`*)
(演者さんとその声と、メイクアップが格好良かったのだ♡うふふ)

ライプツィヒ訪問は、お仕事だった&時間が限られていたのでゆっくりは出来ませんでしたが、
しっとりとした文化の香りが漂う、美しい街でした!
_DSC8130_1.jpg 


音楽と言えば、最近ずっとハマっているこちらの方(*´~`*)


英国生まれ・アフリカ系アメリカ人のおじいさん、ロニー・ホーリー
友人の家で(暖炉の火を見ながら、ワインと共に!)聴いたレコードの豊かな音色が忘れられずに。
踊り倒したクラブ空けの朝に、チルアウト音楽として。
エジプトのビーチで星空を見上げながら、波の音や焚き火と共に。
この世のどこでも無い空間を漂うような、詩を奏でるような、原始的にゆらぐ声
プリミティブな彫刻を作って来た(有名美術館に展示されている!)、正真正銘アーティストの彼の音楽は、如何ともジャンル分けし難いですが、ただひたすらに気持ちがいい!


脱線しましたが・・・
音楽の都ライプツィヒから帰ると、ベルリンは毎年恒例のFestival of Lightの時期。
_DSC8280_1.jpg 
キッチュな極彩色に彩られた大聖堂を見ると、「ああ秋だなあー」と実感します。

_DSC8268_1.jpg 
ベルリンを離れる日が近づいていて、一歩一歩を大切に歩く秋の夜長でしたー(*´v`)

関連記事
スポンサーサイト

バッハ ライプツィヒ ロニー・ホーリー

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。