Gdansk, Poland〜本気で作る砂の城は、崩れない。グダニスクでのビーチ・バカンス~

「どっか行きたいねー」
「海外出たいねー」
「ビーチでのんびりしたいねー」
「美味しいお魚なんかも食べたいねー」
「みんな行った事の無い場所ってどこかしらー」
「よしじゃあどっか行こうー」
という、女子会にありがちなノリで決まった、ポーランドへの小旅行(・Д・)ノ

最初の候補地はアドリア海のどこか。←人が多すぎる。
スイスの山岳地。←物価が高すぎる。
LCCで安かったスペインの小島。←気温が暑すぎる。
なーんて検討を経て、ベルリンから程近いグダニスクというビーチになりました(^-^)/

どこやそれ?って一瞬思ったのだけれども、ここが、実に正解!
長いビーチあり、豊かな森があり、古い街があり、美味しいご飯があり、物価が安い(*σ´Д`*)

まずは旧市街の運河沿いをまったり歩きます。
_DSC5934_1.jpg
変な形のコイツは、中世の頃に建造されたクレーン。 

旧市街の街並は、本当に美しい(´∀`*)
_DSC6057_1_2016101919105615c.jpg 

そしてグダニスクでは、ヨーロッパ最古にして最大の骨董市が開催されているのです♪
_DSC5938_1_201610191910374c4.jpg 
ガラクタから高級そうな美術品まで、かなりのボリューム。
ベルリンのアンティーク・マーケットよりもお値打ちで、結局みんな何かを買ってしまうという魔境でした(゚∀゚≡゚∀゚)

長い長いマーケットを冷やかしつつ、疲れたら老舗のカフェで一休み。
_DSC5940_1_20161019191038416.jpg
隣の国といえども、言葉も雰囲気も人々も全く違う環境に座ってみるのが面白い! 

街だけではなく、郊外には美しい森があります。
_DSC5971_1.jpg

ベリーを摘みつつ、何時間も歩く(´∀`*)
_DSC6005_1.jpg 

ビーチ目当てだった私たちは、グダニスクの中心部から30分以上離れた郊外にステイヽ(´∀`)ノ
IMG_8334_1.jpg 
遠くに海が見えるアパートを借り切って、好きに過ごす夏休み。

近くにスーパーがあり、アパートのキッチンも充実していたので・・・
ケーキを焼いて朝ごはんにしたり、
色々な種類のお茶を試してみたり、
ゼリーやらフルーツやらでお菓子を作ってみたり、
野菜をグリルしながら映画を観てみたり、
カーテンの無い、空だけが見える窓を眺めながらお昼寝をしたり、
お互いの化粧品を試してみたり、
何たるオンナノコ的な日々!
(ちなみにわたしは〆切間近の仕事を持ち込んでいたので、PCに張り付き・・・(;д;))

アパートから歩いて行ける距離には、ビーチが(*゚ェ゚*)
IMG_8429_1.jpg 
埋もれてます。
この写真だと分かりにくいけど、バストを山盛りにしてもらってます。
谷間越しに海が見えるぜい!YEAH!
(っていう経験を一度してみたかったのさ・・・(。´・(ェ)・))
ポーランド人の皆様に、すごーく変な目で見られましたが、別に構わないのです。

カメラを持って行かなかったので、ビーチの写真はあまりないけど・・・

ヒマに任せて、サンドキャッスルを作る事に。
IMG_8460_1.jpg
写真に写っている彼女は、プロの彫刻家さん。
わたしも会社員時代は、設計エンジニアだったからには・・・
イイ歳した大人だからこそ、「せっかくだから、ガチで作ろう!」と(〃ノωノ)
近くを通る子供たちの羨望の眼差しを集めました。

作り終わったところで、「バルス!」と叫ぶべく波が来るのを待っていたのですが・・・
全く崩れないΣ(´Д`*)
波打ち際の絶妙な築城位置、かなり深い内堀、水の導線を考えた外堀、きっちり押し固めてある壁。
お酒を飲みつつのんびり待っても・・・
全く崩れないΣ(´Д`*)Σ(´Д`*)Σ(´Д`*)

砂上の楼閣はかりそめとて、本気で創れば意外と頑強なのさ。

お腹が空いたら、アパートメントの近くにある食堂へ。
IMG_8472_1.jpg
郊外ということもあり、ホントにおばちゃん達や家族連れがふらりと立ち寄る、地元の食堂
非常にお安く、しかも伝統的なポーランド料理がおいしく味わえました(*’U`*)

観光地としてはあまり知られていないグダニスクですが、とっても気持ちよく、お得に、楽しく過ごせる夏休みの日々でした!
関連記事
スポンサーサイト

グダニスク ポーランド

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/31 (Mon) 02:02 | REPLY |   

びばかぱ  

Re: 初めまして。

問い合わせてみたのですが、正確な詳細は不明とのことでした。
お役に立てず申し訳ありません。
・・・しかし、とっても素敵な話ですよね(^^)

2016/10/31 (Mon) 20:43 | REPLY |   

Leave a comment