Dresden,Germany〜寒いけど、暖かい!世界最古のクリスマスマーケットへ~

未だにクリスマスの話かいな、って??

そーです。クリスマスです。2ヶ月ビハインドだよー!!!


ベルリン在住歴の長い人でも、「寒さには慣れても、暗さには慣れない」と言うドイツの冬。
それはそれは暗く、長く、寒く、心細く、冷たい冬なんです。

朝9時過ぎにやっと日が昇って、
15時を越えると暗くなる。
わずかなデイタイムも、殆ど曇っていて、太陽が直に見られるのはせいぜい週に一度。
そのラッキーな日でも、南中時刻ですらとても傾いていて、一番高い位置でも日本の夕暮れくらいの明るさ。
あとはずっと、暗いくらい夜が続く。


そりゃイタリア人達はこぞって里帰りしちゃう訳だわ(´ω`*)
そりゃ夏になれば外にわらわらと躍り出て、日焼けもしたくなる訳だわ(´ω`*)


なんだけど!
一年で最も日照時間の短い12月に、街を照らす灯り代わりになってくれるのが・・・
クリスマスマーケット(o゚▽゚)

というわけで、ベルリンから2時間ちょっとの街、ドレスデンのクリスマスマーケットに足を伸ばしてみました。


まずは会場の人形劇小屋の前へ!
IMG_3196_1.jpg
台湾人の友達と(´w`*)

・・・ってアレ?

何か最近「女一人」世界一周じゃなくなってきてない??

そもそも今は世界一周してるんか??


っていうツッコミもどこかから聞こえてきそうですが、まーいーや(・∀・)


マーケットに繰り出すのは暗くなってから!と相場が決まっているので、昼間はまちをふらふら(∩_∩)
_DSC6588_1.jpg
エルベ川に写るアウグストゥス橋が美しい!

ちょうどドレスデン在住の日本人の知り合いとも合流して、ランチへ!
_DSC6539_1.jpg
ザクセン州の伝統的な料理を頂いて美味しかったのだけれども、
流石にドイツで、付け合わせのジャガイモの量が尋常じゃない(´∀`*)

アンティーク家具が飾られる、素敵な店内でした。
_DSC6536_1.jpg

うん、知ってたけど、ランチを終えて外に出ると既にかなり暗い!
_DSC6558_1.jpg
暗いけれども、イルミネーションが映えて素敵な風景が見られます(o^∇^o)

陶磁器で有名なマイセン製のモザイク壁画の横をぬけて・・・
_DSC6623_1.jpg

クリスマスマーケットにやって来たっ(o´∀`o)
_DSC6634_1.jpg
門に小さく見える数字「581」は、つまり581回目のクリスマスマーケットですよ、ということらしい。

何とまあ古い歴史!
どうやらドレスデン、マーケットは世界最古で、お菓子シュトーレンは発祥の地にして最大のものがあり、ツリーは世界最高高さ、くるみ割り人形は世界最大・・・とめちゃくちゃ力が入っているイベントの様です。

流石にイルミネーションやデコレーションもとっても凝っています。
_DSC6652_1.jpg
ベルリンでも何度もクリスマスマーケットには足を運びましたが、雰囲気の完成度が桁違いだ!と、友人とふたりして興奮(o゚▽゚)o

装飾にはもちろん電球が使われていて(LED?なにそれ美味しいの?って程全く見かけません)、ほっこりする広場を歩きます。
_DSC6646_1.jpg
片手にはもちろんホットワインと、グリルしたてのソーセージ(゜ー゜*)

ああドイツの冬よ。


帰りがけに巨大な秋田犬に出会ってご機嫌(σ^▽^)
IMG_3205_1.jpg
元々猫派で犬が苦手だったけれども、ドイツで良く躾けられた犬たちと触れ合うようになったらすっかり大好きに。

気持ちよーく酔っぱらった所でバスに乗って、さっくりとベルリンへ。
冬だからこそ、暗いからこそ楽しめる素敵な時間でしたー(ノ≧∀≦)
関連記事
スポンサーサイト

ドレスデン クリスマスマーケット

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/21 (Sun) 13:33 | REPLY |   

Leave a comment