Mainz,Germany〜深海の底に佇む、シャガール・ブルーの教会へ~

ベルリンからバスで一晩。

ドイツ南部の都市フランクフルトへ初めて訪れてみました。
待ち合わせがあり、合流予定なのはグルジアで出会い(記事はこちら)、エストニアで再会した(記事はこちらMasatoです。
今や彼のBlogは常にランキング上位にいて、書籍出版もしているトップブロガー!!
MaSaTo 世界一周学校

ただ、Masatoが来るのは夜ということで、暇つぶしは何処にしよう・・・

と思い立ったのが、フランクフルトから20分程に位置する隣町マインツ。
わたしの上司がマインツ出身で、何となく話は良く聞いていたのでLet's Go(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)


新しい街に来たら、とりあえず行っておけ!となる、大聖堂へ。
_DSC5287_1.jpg
ケルンの大聖堂と並ぶ、ドイツ国内では有名なカテドラルなのです。

中庭の回廊のピンクのブロックに、ガーデンの緑が映えて美しい!
_DSC5281_1.jpg

あくまでも左右対称で、装飾の少ないごくシンプルな内観がドイツらしい(^∇^)
_DSC5273_1.jpg

教会の側には必ず広場があるのも、定番の雰囲気です。
_DSC5271_1.jpg


正直突発的に来てしまったので、地図も土地勘もない!!!

そんな時には裏路地をうろうろ。
_DSC5291_1.jpg
おっちゃんと観光客に全力で手を振られたよ(・∀・)

道の半ばで、地元の図書館を発見(*´Д`*)
_DSC5299_1.jpg
最近自分の中で「図書館ブーム」が来ていたのでチェック。
(自宅で作業すると集中できないし、カフェだと毎日費用がかさむし、図書館だと適度に静かで、作業しやすい!
おまけに、ベルリンの図書館はお洒落な建築が多い♪)


歩き疲れたら、パンのコンテストで賞を取ったオーガニック・ベーカリーで一休み。
_DSC5267_1.jpg
ドイツの素朴なパンやケーキは、フランス菓子の派手さこそありませんが、ほっこり染み渡る深い味わい(*゚ー゚*)


帰りに足を伸ばして・・・

マインツで一番美しい教会・・・「聖シュテファン教会」へ!!!

なんでも、ロシア・アヴァンギャルド先鋭の画家シャガールが手がけたステンドグラスが見られるとか・・・?

と、一歩足を踏み入れると・・・
_DSC5307_1.jpg
何たる静謐さ!!!

ひっきりなしに訪れる観光客も全てが青に染まる世界で、みんな静かになってしまう(*´Д`)
_DSC5384_1.jpg
歴史はとても古く、990年の建立です。日本だと平安時代ですな。

ステンドグラスの絵たちは、幻想的でたおやかな曲線でのみ構成されています。
_DSC5348_1.jpg
オルガンも蒼い光を反射して、鈍く光ること(´▽`)

太陽が差し込むと、ステンドグラスの色がそのまま床に投影されて・・・
_DSC5381_1.jpg
深海の中を散歩しているみたい(。・ω・。)

この場所が気に入ってしまったわたしは、かなりの長いことザンクト・シュテファン教会で過ごしました。
思いがけず居心地の良い場所で、のんびりと過ごす時間は幸せそのもの♪

その日の深夜にMasatoに1年ぶりに再会でき、フランクフルトの街へ!
関連記事
スポンサーサイト

聖シュテファン教会 ザンクト・シュテファン シャガール

0 Comments

Leave a comment