Obscene Extreme-1, Trutnov,Czech〜世界一はちゃめちゃなフェス、オブシーン・エクストリームへ~

世界一クレイジーで、フリーキーで、狂気に満ちた雑音だらけのフェスティバル、

それが、Obscene Extreme Festival@チェコ!!!!

ノイズ、グラインドコア、ブルータルといったエクストリームな音楽をバックに楽しく狂う日々に参戦です( ̄▽ ̄)


会場となるのは、チェコとポーランドの国境にほど近いトルトノフ
_DSC38574.jpg
普段はとても静かな、山に囲まれた小さな街です。

ここが、フェスティバルの5日間クレイジーな音楽と・・・
_DSC20174.jpg

それを目当てにヨーロッパ中から飛んでくる、クレイジーな人々に満たされることになります!!
_DSC13444.jpg


フェスティバルは公式に”Freak Friendly”(変・態・歓・迎!をうたっていて、、、
_DSC19114.jpg
まーこんなお下品なコスプレも・・・( ゚Д゚)

しかし!!

むしろ服を着ているだけマシ!!

でして、実際は全裸の女性とか(若いのに・・・)、

普通に全裸の男性がステージダイブしているし(受けたくない・・・)、

先っちょにめちゃくちゃ大きなピアスをぶら下げていたり、

むしろ全裸+お尻のアナ○にトウモロコシ(普通サイズ)を刺して、得意げに歩いている人とか、

Oh Yeah,,,
流石にここには載せられないし、写真すら撮っていないド変態さんたちが沢山(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノ


そんなフリークスが、モッシュして、飲んで、また暴れて、疲弊するまで全力。
_DSC17524.jpg
全身全霊ではちゃめちゃに音楽を楽しむ人々のパーティーが、オブシーン・エクストリームなのです♪

ま、それだけでなく普通に可愛らしい女の子も発見して、ホッとしてお喋りしたり( ´∀`)
IMG_21474.jpg


オブシーン・エクストリームが最高なのは、こんなクレイジーな人々が集まりながらもとてもピースフルな雰囲気であること。
出会う人々が皆口にしていたのが、
・これだけの人数がいるのに、盗難がない
・むしろ設備が限られた田舎で、お互い助け合っている
・各所にゴミ箱が設置されていて、会場がクリーンに保たれている
・モッシュピットだけでなく、椅子も有ってゆったり自分のペースで楽しめる
・売られている物・フードも、環境に優しい


実際主催者のCurbyさんはVeganで、フェスの中のフードブースもベジタリアン・フレンドリーのお店(´▽`*)
_DSC12224.jpg
バンドのグッツも、ビオ・オーガニックかつフェアトレードのコーヒーなんかが有ったりして。
血のりをつけて、火を噴くメタルバンドなのに、環境に優しいグッツを売っているのにちょっとわらっちゃいました♪

ロック・メタル系のライブ会場で「椅子に座って観れる」というのはかなり珍しい環境(*´∀`)
_DSC14934.jpg
長丁場のフェスなので、普段は座って、お気に入り&いいなと思ったバンドだけモッシュしに行く!というスタイルの人も多く居ました。

キャンプサイトもきっちり整備されていて、ゴミも無くとても綺麗!!
_DSC19824.jpg

モッシュする事に疲れたらキャンプの側でBBQ、なんていうゆったりとした時間を楽しんでいます。
_DSC19724.jpg

キッズスペースも有って、子供も楽器を触ったりペイントが楽しんでいました(・∀・)
_DSC19584.jpg
ちゃんとお世話をする常駐スタッフが居て、親達はライブを安心して楽しめるシステムなのも素敵!


はちゃめちゃだけれども、最高に平和なフェスティバル、肝心のライブの様子は・・・
日本から参戦した2バンドに載せて、雰囲気を綴る事にしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

obscene extreme トルトノフ

0 Comments

Leave a comment