archive: 2015年11月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

Berlin-4,Germany〜その2:アーティストビザ(フリーランスビザ)in ベルリン。+税金番号〜

アーティストビザ、またの名をフリーランスビザのベルリンでの申請状況について。前回(記事はこちら)の続きです。結果から言うと、フリーランスビザを取得できました♪頑張って働こうー(*`・ω・´*)9月に一回目の申請をし、「収入を証明する書類が足りない」と言われて仮ビザをもらいました。6ヶ月の仮ビザはありがたいのですが、公式に仕事ができない。ので、予約を取って(最短で2ヶ月半待ちだった)11月に再訪しました。・オン...

  •  4
  •  0

50カ国目:Zurich, switzerland〜ナショジオ「アフガンの少女」by スティーブ・マッカリーを観に~

ベルリンから出発する夜行バスの最前列に飛び乗り、爆睡すること数時間。目が覚めたら、外には美しい湖と田園地帯が広がっていました(o・∀・o)湖をバスごと、渡し船で越えて行きます。朝の風と、フレッシュな水の香りがしあわせ(。・ω・。)たどり着いたのは、スイスはチューリッヒ!ヨーロッパの金融ビジネスの中心地であるチューリッヒ。町がとてもクリーン!!・・・あんどエクスペンシブ・・・(´Д`)そして道往く人々が「スーツ+ネク...

  •  0
  •  0

Prague-2,Czech〜アール・ヌーヴォーの代表者、ミュシャの美しき乙女たち~

空港にて無事にUnholy Graveの小松氏を見送った後、わたしはプラハ市内へ!まず速攻で向かったのは・・・ラーメン屋さん!!!らーめん、拉麺、塩ラーメン(゚ー^*)度々このBlogでも吐露していますが、昔からわたしは重度のラーメン中毒なのです。イタリア人の経営する店内はとてもお洒落で、カフェかと思うほど。フェスティバルの間は、ホテルの朝食以外はずっとヴェーガンフード。流石にこってりしたものが食べたいなーとの欲求に勝...

  •  0
  •  0

Obscene Extreme-3, Trutnov,Czech〜本物のグラインドはコレだ!Unholy Graveオンステージ~

夜中までやっているライブ+写真の現像に追われ、眠りにくのは夜明けすぎ。お昼のバンドを見逃したくはなかったのですが、気がついたら夕方!あわてて会場に赴くと・・・最早見慣れた光景ながら、ステージがカオスな事に(`・ω・´)バンド見えないじゃんか笑毎日バックステージをうろうろしていると、フォトグラファーの皆さんともいつの間にか仲良くなれます(*´∀`)この後プライベートワークとかも見せて頂くんだけど、とても素...

  •  0
  •  0

Obscene Extreme-2, Trutnov,Czech〜日本からのヘッドライナー!SxOxBオンステージ~

オブシーン・エクストリームでは、全くと言っていいほど日本人、むしろ一切のアジア人を見かけません。会場内で見かける顔は、出演者のみ(・∀・)今回、日本からは伝説の二つのバンド、 SxOxBとUnholy Graveが登場です!!SxOxBは”Sabotage Organized Barbarian”の略で(何だろう・・・"組織された野蛮人の妨害工作"??)、結成は1985年と、とても歴史のあるバンドです。代替わりして、現在はオリジナルメンバーは居ないものの(NAP...

  •  0
  •  0

Obscene Extreme-1, Trutnov,Czech〜世界一はちゃめちゃなフェス、オブシーン・エクストリームへ~

世界一クレイジーで、フリーキーで、狂気に満ちた雑音だらけのフェスティバル、それが、Obscene Extreme Festival@チェコ!!!!ノイズ、グラインドコア、ブルータルといったエクストリームな音楽をバックに楽しく狂う日々に参戦です( ̄▽ ̄)会場となるのは、チェコとポーランドの国境にほど近いトルトノフ。普段はとても静かな、山に囲まれた小さな街です。ここが、フェスティバルの5日間クレイジーな音楽と・・・それを目当て...

  •  0
  •  0

Lübeck,Germany〜ハンザ都市リューベックの魅力は、マジパンに有り~

中世ドイツにて、経済活動と貿易を支配し商業を発展させて行った「ハンザ同盟」。かつてその盟主であり、現在も色濃くハンザ都市の雰囲気を遺すまち、リューベックへやってきました!駅からてくてくと歩いてきて、出迎えてくれたのは・・・リューベックの顔、ホルステン門!!!レンガの重さで、若干傾いているのがご愛嬌♪運河沿いには、かつて倉庫だったところがカフェやレストランとして改装されて立ち並びます。「ハンザの女王...

  •  0
  •  0

Boudhanath, Nepal〜ネパール滞在の終わりに、仏舎利の眠るボダナートへ~

ネパールビザの期限は約1ヶ月。滞在の締めくくりとして、チベット・ネパール仏教最大の聖地にして、世界遺産のひとつでもあるボダナートへ向かいました。わたしたちを出迎えたのは・・・高さ36mの巨大なストゥーパ(仏塔)!!少しシュールにも見えて可愛い「仏陀の知恵の目」が四方を見渡しています(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)側には、やはり大きな鐘が。そのストゥーパのまわりを、みんなぐーるぐると右回りに回って歩きます(。・ω・。)熱心な...

  •  0
  •  0

Bhaktapur-2, Nepal〜最上級の曼荼羅(タンカ)を探して、アトリエめぐり~

世界一周を始める前に、ひとつの依頼がありました。「ネパールに行ったら、曼荼羅を買ってきて欲しい」依頼主は、陶芸家の冨岡大資氏ご夫妻。とても自由でのびやかで「宇宙」を感じさせる、それでいてピリリと背筋の伸びる格好良い作品を造られる陶芸家さんです(´▽`*)(ホームページはこちら)わたしも冨岡氏のアトリエに置かれていた粉引き茶碗に一目惚れしてしまって、譲って頂いたことがあります。手に馴染む素朴さがありな...

  •  0
  •  0

Bhaktapur, Nepal〜井戸端会議が似合うのんびりした街の、職人たち~

お天気が良かったので、カトマンズからミニバスにゆられてバクタプルという街にやってきました。いい天気、どころか・・・むしろ暑すぎる!!!トレッキングの時に履いていた裏起毛ブーツ、脱ぎ捨てたくなっちゃうくらい(・∀・)バクタプルには15世紀より続く古いネパール建築群があり、世界遺産に指定されています。木造の柱のひとつひとつに彫刻が施されていて、美を感じるっ(*・∀・)人々が集いあつまる場所は「ダルバール広場」で...

  •  0
  •  0

Kathomandu-6, Nepal〜ねこは包んで、リュックに入れるのが正しい運び方~

カトマンズに、帰って来たー!!!!ごみごみしてて、ほこりっぽいけれども、少なくとも枕元のペットボトルがカチコチに凍ったりしない!2週間前よりも確実に暖かくなってきているカトマンズで、トレッキングの疲れを癒すのんびりDaysを過ごす事にしました。ま・ず・は!!!とりあえずビール!!!極上すぎる一口が、五臓六腑に染み渡ります( ̄▽ ̄*)トレッキングの間の汗と汚れを(運良くお湯が出た)シャワーで洗い流し、向かっ...

  •  3
  •  0

Everest Trek-10, Nepal~Namche Bazar >> Lukla:降りてみれば、そこは春!トレッキング最終日~

トレッキング最終日となり、空港のある街ルクラまでゆっくりと歩き出します。登りには2日かかった道のりも、一日で駆け下りる!と言いつつ、アップダウンがありますが。足掛け2週間にわたるトレッキングの後、降りてきた里は春を迎えていました(*^-^*)山桜や桃の花が咲いて、日本の田舎みたい♪足元にも可憐な花々が咲き乱れます。標高が下がってくると、寒さをあまり感じません。2週間ずっと頭を洗えなかったかゆみに耐えかね...

  •  0
  •  0

Everest Trek-9, Nepal~Namche Bazar:修道院から里を見下ろす、骨休めのナムチェ~

Flash増刊号に当Blogと写真を掲載いただいた件について、メッセージをくださった皆様&買ったよ!と写真を送ってくださった皆様(*^-^*)どうもありがとうございました!!!ランキングにも参加せず遅々と細々と続けているこのBlogですが、自分の思っているより沢山の方々に応援いただいていることを実感しました。今後ともよろしくお願い致します(・-・*)下山をはじめて・・・クンブ山域最大の村、ナムチェバザールへ帰還!!こ...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。