archive: 2014年07月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

Tallinn-3,Estonia〜これでもか!お洒落づくしの古い街~

リアル現在地は「花のパリ」だったりするのですが、幾つかのヨーロッパの都市を巡って思ったことがあります。「もしかしてバルト三国の旧市街が一番”ヨーロッパっぽい”んじゃないか??」アムステルダムやパリも美しいけれど、結構ダーティで落書きだらけだし細部に気が回っていない(。´・д・)バルトの国々はとてもクリーンかつ人々も英語ぺらぺらで、景観の保存状態も素晴らしい!そんな「お洒落な生活」を地でいくタリンを散策です...

  •  0
  •  0

Tallinn-2,Estonia〜3万人の歌い手オンステージ!歌と踊りの祭典Ⅱ~

旧ソ連の時代、「歌う革命」に人口の3分の一が参加して無血の独立を成し遂げたエストニア。彼らにとって、歌は民族のアイデンティティのひとつであり、生活の一部だそうな。そんなエストニアの重要な式典「歌と踊りの祭典」のチケットを購入し、日本人4人で攻略です(*^ワ^*)パレードを見終え、歌の式典会場に行く前には・・・腹ごしらえ!!長丁場に及ぶフェスのため、ケーキを食べつつ皆でお弁当をつくりました。いざ会場に...

  •  0
  •  0

36カ国目:Tallinn,Estonia〜色とりどりの民族衣装が並ぶ、文化遺産のパレード~

リトアニアに引き続き、エストニアでも同時期に「歌と踊りの祭典」が開催されるとのことで、日程を合わせて駆け上がってきました。このお祭りもユネスコの無形文化遺産に登録されており、5年に一度の開催です。ちなみにリトアニア・エストニア両国のタイミングが重なるのは20年に一度♪ラッキーなタイミングで来たなー♡(・・・飛行機を予約したときは、祭典のことなど何一つ知らずにいたのに・・・)首都タリンで、グルジアで遊ん...

  •  0
  •  0

Riga-2,Latvia〜ラトビアでも音楽づくし。大聖堂のオルガンコンサート~

歴史的にみても、音楽の溢れる地域バルト三国。ラトビアでは「歌の祭典」等は今年は行われていませんが、白夜に合わせて各地でコンサートやロックフェスが開催されているようです。とりあえず定番を押さえておけ!と思ったわたしは、街で一番の大聖堂へ(o゚▽゚)高い塔がひときわ目を引きます。ここで行われる、オルガンとチェロのコンサート( ´∀`)チケットを買おうと列に並んでいたら・・・リトアニアで杉原千畝記念館からヒッチ...

  •  0
  •  0

35カ国目:Riga,Latvia〜初めてのユーロ圏物価高に泣きそうになる~

シャウレイを出たバスは無事、ラトビアの首都リガへやってきました(*'-'*)バルト海に面したリガは、昔から重要な港町だったようです。天気はいまいちだけど、建築はやっぱりかわいらしい(=´∀`)そしてわたしが行くときには、工事中や改装中なのはデフォルト。クレーン車よ・・・(。-_-。)マンホールには、家紋?のようなエンブレムが。こんな細かいところにも、ヨーロッパを感じます。道端に飾られた花々が可憐(^_^)お土産やさんには...

  •  0
  •  0

Siauliai,Lithuania〜「十字架の丘」で一生分かつあらゆるバリエーションのクロスをみる~

リトアニアの北部シャウレイという所に、少し変わった見所があります。その名も「十字架の丘」かつてロシアが侵攻してきた際に、処刑や流刑になった人々を悼んで立てられたのが始まりと言われています。それ以来、旧ソ連の軍がブルドーザーで潰しても焼き払っても、いつしかまた誰かが立てて行ったそうな。それは宗教心を表すものであると同時に、非暴力による帝国支配への抵抗でも有ったのです(´ω`*)バス停を降りてしばらく歩い...

  •  0
  •  0

Kaunas-3,Lithuania〜杉原千畝と、今のイスラエルや民族問題について思うこと~

宿に着くなりレセプションの超イケメンお兄さんに、歌の祭典で会ったボーイズに、南米で出会ったともちゃんがLINEで、、、口癖に勧められたのが「スギハラ・ハウスに行きなさい」ということでした(*′ω`)杉原千畝。彼の名をご存知でしょうか?わたしは中学生か高校生の頃、伝記で読んだ覚えがあります。一行で言ってしまえば・・・「ナチスによるユダヤ虐殺から、日本ビザを発給することで多数のユダヤ人を救ったひと」です。戦時中...

  •  2
  •  0

Kaunas-2,Lithuania〜緩やかな川のほとりの、古い教会で聞く音楽たち~

かつての首都、カウナスはとてもクリーンで快適な街です。いたるところに手入れの行き届いた公園、というより小規模の美しい森があります(*^-^*)規模は小さいとはいえ、目抜き通りには街路樹とカフェが立ち並ぶ。通りのエンドには近代美術館あがり・・・写真展をしていたので、立ち寄ってみました(o^^o)ヨーロッパに来て、美術館や写真展には出来るだけ足を運ぶようにしているのですが、その度に「ARTの自由さ」を実感します。...

  •  0
  •  0

Kaunas,Lithuania〜4年に一度!文化遺産「歌の祭典」オープニング式典へ~

飛行機のチケットを取った時は知らなかったのですが、どうやら丁度いいタイミングで国家を挙げてのお祭りが有るらしい(´3`)それは世界文化遺産で、4年に一度しか開催されなくて、、、しかも!エストニアでも同時期に「歌と踊りの祭典」が行われ、両者同時開催はなんと20年に一度だとか!!!こりゃ、それに合わせて動くしかないぞ☆ということでリトアニア「歌の祭典」のオープニング式典に合わせて第二の都市カウナスへあわてて...

  •  0
  •  0

34カ国目:Vilnius,Lithuania〜初めてのヨーロッパ入りに、オシャレすぎてビビる~

イスタンブールからキエフを経由して、リトアニアの首都ビリニュスへひとっ飛び!!!着いた日は丁度からっと空も晴れて、涼しい♪・・・というか、寒い(゚ω゚`)イランやトルコの40度にもなる酷暑から、最高気温が11度という世界に飛んできました(´∀`)むしろ冬やないか笑実は北米や南米、アジアはこの旅の前にも行った事があるのですがヨーロッパは未経験で、これが初めての上陸になります(*・∀<*)みなさま、バルト三国がどこにあ...

  •  0
  •  0

Istanbul-3,Turkey〜改修運を全力で発揮するアヤ・ソフィア~

コンスタンティノープル改め、イスタンブールで最も有名な場所と言えば・・・ビザンティン建築の最高傑作とされ、世界遺産に登録されているアヤ・ソフィアに突撃!!高い伽藍に圧倒されます(^^*)が!!!サマルカンドでもエスファハーンでも発揮した例の・・・「改修中運」がでたー(・∀・)その空間の半分は、高く組まれた足場で覆われています・・・いいんだ・・・建築は好きだけど、建物の写真はいいんだ・・・(よくない)気をとり...

  •  0
  •  0

Istanbul-2,Turkey〜美女を撮りつつ、イスタンブール名物サバサンド~

日本から合流予定の友達の一人目、みほりんがイスタンブールに到着!!クラブイベントで出会い、日本では脱出ゲームや怪しいイベント、撮影でぬるぬるとつるむ仲です(。・ω・。)彼女には初のトルココーヒー&チャイということで、砂糖を齧りながらの紅茶に挑戦してもらいました。トルコの物って、何でもやたら甘いんだよなー。早速町歩きに出発♪観光客の多いイスタンブールには、お土産屋さんもまた多く有ります(*^ワ^*)カラフルな...

  •  0
  •  0

33カ国目:Istanbul,Turkey〜アジアとヨーロッパの出会うイスタンブール~

長く滞在したイランを出発し、友人との待ち合わせのためイスタンブールへ♪バスで40時間以上掛かるわけですが、外の景色は最高(*^-^*)花も咲き誇り、良い季節に来たなーと実感です。このシルクロードの旅は、ずっと春〜初夏を追いかけている気がする(⌒_⌒)そして国境を超えてからの、イラン人ギャルたちの豹変っぷりが凄まじい( ゚Д゚)元々お化粧は濃いめの上に、普段国内では着れないであろう、露出の激しいお洋服に速攻着替...

  •  0
  •  0

Tajirish,Iran〜とりあえず地下鉄の終点で降りてみる旅~

シラーズを離れ、快適なバスで一気にトルコ抜けのためテヘランまで北上してきました。ウズベクで会った写真家ジェレミーのおすすめは、テヘランの地下鉄の終点タージェリッシュ周辺。日本でも、でたらめな駅で降りて歩いてみる楽しさを知っていたわたくし(o゚▽゚)oタージェリッシュはガイドブックにも乗っていない面白スポットだったので、足を伸ばしてみました♪バザールを歩くうちに出会ったのは、イラン美女たち!!イラン人女性と...

  •  0
  •  0

Shiraz,Iran〜ステンドグラスに光射込み、鏡張りに煌めくモスク達~

元々、中国で出会った旅人とシラーズで待ち合わせ予定だったわたくし。ですが。来ない・・・(´・ω・`)いや、いらっしゃったのですが時間帯が微妙にずれて会うことができず・・・会う人とは何の連絡もしていなくても、ばったり何度も何度も顔を合わせるのですがねえー。さて、シラーズのメインイベントであるペルセポリスの訪問を終えてしまったわたしは、おすすめされた「ローズモスク」を訪ねてみることにしました\(゜o゜)/この...

  •  0
  •  0

Persepolis,Iran〜古代オリエントの聖都ペルセポリス・王家の谷ナクシュ・ロスタム~

イラン最大の世界遺産、それは「ペルセポリス」と呼ばれています。縄文時代より遥か以前、紀元前6世紀に古代オリエントを統一し統治したアケメネス朝ペルシャ帝国。ダイレオス1世の命によってペルセポリスの建築が始まり、のちクセルクセス1世やアルタクセルクセスの時代に亘って都市建設が続けられていたようです。・・・世界史が好きな方はふむふむ、と名が浮かぶかもしれませんが、はじめわたしには???でした(・o・)とは言え、...

  •  2
  •  0

Dakhma,Iran〜ゾロアスター教・鳥葬の歴史を訪ねて、沈黙の塔へ~

ゾロアスター教。みなさまも、教科書や小説で名前だけは耳にしたことがあるのではないでしょうか。拝火教とも呼ばれ、世界最古の宗教とされています(・ω・)ゾロアスターを別の読み方をすると「ツァラトゥストラ」(はかく語りき、は有名ですね)となります。この宗教では火・水・大地・空気を神聖なものとしており、どこの寺院に行っても火が絶える事なく燃え続けています。密教の比叡山延暦寺に行ったときも、1200年のあいだ火...

  •  0
  •  0

Yazd,Iran〜暑すぎて引きこもり、食と水タバコに走る日々~

イスファハーンで出会った中国人の女の子と一緒に、ヤズドに向かいました。泥づくりの街並は砂漠地帯の建築そのもので、風情を感じます。ところがこの街、非ーー常に暑い!!!酷暑も酷暑!!天気予報で、普通に40°をかるく超えてきます。南米のシエスタよろしく、昼下がりの一番暑い時間帯はお店も全部閉まっておる(o-´ω`-)殺人的な暑さのため、陽が傾いてくるまでは宿の中庭でのんびりと過ごします。一緒に旅をしている彼女の名...

  •  0
  •  0

Isfahan-2,Iran〜ヒジャブを着れば、現地に紛れる~

イスファハーンはイラン観光の中心地であるだけあり、ツーリストが沢山居ます。団体客も、イラン人観光客も、バックパッカーも。朝ごはんの時に出会った、ナガイさんと町歩きに出かけることにしました(人´∀`)とりあえず古いバザールで、マネキンに紛れてみる!どれがわたしでしょう?笑ヒジャブは暑そうに見えますが、黒マントの下はほとんど下着で済むので実は涼しいのです(=^_^=)砂漠の強い陽光からの日焼けも乾燥も防げるしね♪...

  •  0
  •  0

Isfahan,Iran〜「世界の半分」の街で、力の家ズールハーネへ~

「イスファハーンは世界の半分」かつてサファディー朝の首都として、富と繁栄を欲しいままにしたオアシス都市イスファハーンはそう呼ばれています。イラン観光の目玉でもあるこの都市に、カシャーンから南下してきました(´∀`)世界遺産でもある「エマーム広場」じゃーん!天安門広場に次ぐ広さのスクエアに、モスク(宗教)・宮殿(政治)・バザール(経済)が面していることからも「(当時の市内機能の)世界の半分」という意味合...

  •  0
  •  0

Abyaneh,Iran〜水を湛えたフィン庭園と、赤い薔薇の村アビヤーネ~

ドミで同室だったオーストラリア人の女の子アリーと、カシャーン近郊を回るタクシーツアーをシェアすることにしました(≧∀≦)まず訪れたのは、サファディー朝に造られ歴代の王達に愛されてきたフィン庭園♪砂漠のど真ん中に、水をくまなく湛えた庭園があるのが不思議な気もしますが、イランでは昔から水の制御が発達していたようです。フィン庭園には沢山の噴水がありますが、それらは動力なしに吹き出しているのだとか。丁度イラン国...

  •  0
  •  0

Kashan-3,Iran〜映画監督の家に突撃お邪魔するの巻&カシャーン安宿情報~

ただいまエストニアの、バスの中からこの記事をお送りします。Wi-Fi付きバスは南米でも見かけたたけど、名ばかりで実際にネットに繋がったのはこれが初めて(*´ェ`*)しかもめちゃめちゃ速い♪さすがSkypeの出身国、バルトも北欧に並ぶIT先進エリアだー☆さて、カシャーンの宿に居たフランス人と一緒に町を歩く事にしました。(名前忘れた・・・毎日沢山出会ってはさよならを繰り返すから、名前と顔を一致させるのに一苦労)彼の職業...

  •  0
  •  0

Kashan-2,Iran〜乾いた日差しの下のバザールと政治トーク~

砂漠の日差しはとても強い。暑い陽光を避けて、バザールも昔ながらのアーケードの下にあります(・ω・)中東らしい香りのあふれるスパイスショップがあったり・・・女性たちが宝石屋をのぞいたりしています(*^-゚)イラン人の女性たちは、チャドルを着て飾り立てられる部分が限られているせいか、結構メイクもアクセサリーも派手好み!家具も結構ギラギラしているのだ☆バザールの所どころには、噴水を湛えたドームがあります(⌒o⌒)明り...

  •  0
  •  0

Kashan,Iran〜禁酒のイランで喉の乾きを癒すもの~

テヘランから南に下ること3時間、カシャーンというオアシスの町にやってきました。イランは産油国だけあり、バス代が非常に安いのがありがたい限りです(*^ワ^*)クーラーが効いてオヤツも付いて、1時間ごとに70円くらいの計算。(産油国かつ闇レートのダブルパンチで、ベネズエラの移動費はもっと安かった・・・あの国は世界最安だ)ここにはウズベキスタンのブハラやヒヴァを連想させる、土壁の城壁があります。砂漠の町で、...

  •  0
  •  0

Photos@South Korea

Tie the shipPort on sunsetFire Hose...

  •  0
  •  0

32カ国目:Tehran,Iran〜イラン。アメリカとの複雑な関係と女性たち~

イラン。この国名を聞くと、みなさまはどんなイメージを抱かれるでしょうか?アメリカ政府は未だにイランを「テロ支援国家」のリストに挙げています。それに追随する日本のメディアは、「イラン=危険な国」として扱っていますね。わたしの両親も「イラン?大丈夫なの?逃げて逃げてー!!」とメールを(・ω・)しかし、旅人たちの評価は全く正反対です。「親日が多く、皆親切で一番スキな国」「とにかく人が良い」「もてなし精神旺...

  •  0
  •  0

Etchmiadzin,Armenia〜世界最古の教会群の側にたつ、リアルな廃墟~

首都エレバンから小一時間ほど離れたところに、エチミアジンというかつて首都だった都市があります。そこにはアルメニア正教会の総本山があり、エチミアジン教会群は世界遺産にも指定されています(*´ω`)といっても・・・外見はカトリック教会のように派手ではありません。内装もごくシンプルで、日本のお寺に似た静謐さと落ち着きを感じます('◇')彫刻や像を使用せず「イコン」と呼ばれる聖画を崇拝に用いるのが、正教会の特徴で...

  •  0
  •  0

Yerevan-4,Armenia〜アルメニア「共和国の日」式典とストリップ劇場へ~

やっとログインできたぁぁぁー!!!突然FC2の全てのサービスにログインできなくなり「現在調査中」としてアカウントが凍結されておりました。問い合わせをしたところ「複数国からのアクセスがあり、アカウントを凍結しました。遺憾ですが今後のご利用をお断りさせていただきます」とのコメント。えええええぇぇぇーっ(゚□゚(゚□゚*)そりゃ複数国からアクセスしてるさー。イランなんかでは情報統制厳しいから特殊なブラウザ使ってて、...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。