archive: 2013年09月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

Photos@Mexico

At the end of a dayCanta la vidaKeeping watch,silentelyVacation!The ReflectionDaughter and MotherA ruin in the jungleAzul!!With all your strengthStay together...

  •  2
  •  0

Foods,Central America~ごはんのはなし~

突然ですが、「毎日どんなものを食べてるの~?」との質問をいただいたので、旅紀行を少しお休みして、ご飯スペシャルの回にしたいと思います☆日本でも外食派で、ご飯と味噌汁なんて滅多に食べなかったわたくし(´・ェ・`*)おかげさまで(?)今のところ、何の問題もなく現地のローカルフードに馴染めています♪メキシコスタートだったので、基本的には毎日とうもろこし製品を食べています。現在地グアテマラの文化もメキシコの影響を...

  •  0
  •  0

Flores,Guatemala~初めての単焦点レンズに興奮し元気を取戻す~

たまたま同室になったネリー氏。ちょうど日本シックで、写真を撮るモチベーションも低下していた時で、図ったようなタイミングの出会いでした。足掛け4年近く世界を旅している写真家の彼は、とてもフレンドリーで旅の知識や経験も豊富なひと。好きな音楽の話でも盛り上がり、データの交換もしてテンションが上がります。じっくり作品を見せてもらうにつれ、感動と、尊敬と、同時にそこはかとない悔しさが湧き上がってきます。もち...

  •  0
  •  0

Tikal Ruins,Guatemala~裸足でジャングルを駆け抜けマヤ遺跡のてっぺんに登る~

明けない夜はない。と初めに言ったのは誰だったか。暗くて臭い部屋に別れを告げ、無事現地通貨の現金を引き出し、Flores島へ到着です☆キーカーカーの野田氏オススメの宿は、昨晩と同じ値段でありながら、実に風通しの良い清潔な部屋でした。それだけで、あぁ何て幸せ♪笑Floresはマヤ遺跡群の中で最大の神殿都市、Tikal遺跡への拠点でもあります。いくつかのエージェンシーに当り、午後から行ってみることにしました!ティカル遺跡...

  •  4
  •  0

4ヶ国目:Santa Elena,Guatemala~ハードな国境越えと初めての日本シック~

感動的なブルーホールでのダイビングを終え、ベリーズにも大変満足した翌日、グアテマラに向けて出国です。ちょうど同室の野田氏もメキシコへ向けて旅立ち、わたしはベリーズシティに戻ります。高速船は地元民の足にもなっていて、老若男女が眠たげに乗っています。さて、グアテマラ入りには2つの選択肢がありました。1:一等バスに乗って悠々と目的地まで。時間も短くてすむが、U$25かかる。2:ローカルバスで国境まで。徒歩で...

  •  0
  •  0

Blue Hole,Belize~蒼の淵に吸い込まれ、楽園を見つける~

ドロップオフ。それはダイビング用語で、急激に落込む断崖絶壁の地形を指します。沖縄で小規模の崖が怖くて怖くてたまらなかったわたくし(゚∀゚≡゚∀゚)潜行にはロープも何もなく、崖はサンゴ礁で触れることは出来ないので、自分自身で浮力と速度をコントロールしながら沈んでいかなければなりません。またその地形的特徴や表層と深層水温の差から、強い潮流が発生しやすい場所でもあります。十分経験を積んだダイバー達が、いつかは・...

  •  0
  •  0

Photos@USA

お気に入りの写真たち。アメリカ版。"Lovers""Lock your heart""Tolking with sunset""Back to home""Standing on the ground"...

  •  2
  •  0

Caye Caulker,Belize-2~昼寝の間にカヤックが流されうろたえる~

目が覚めると、これまで恵まれなかった晴天が!!ということで、同室の野田氏とカナダから来ている女の子を誘ってカヤックへ行くことにしました。小さな運河を渡って、冒険へ出発です☆笑キーカーカーのもうひとつの島のビーチは、マングローブに覆われていました!海の色も豊かで、本当に羽を広々と伸ばすことができる場所。漕いできたカヤックを小さな桟橋に舫い、島に上陸して散歩に出かけました\(≧▽≦)/野田さんも一眼レフで写...

  •  0
  •  0

3ヶ国目:Caye Caulker,Belize~初めての陸路での国境越え~

ホルヘと別れたのち、わたくしはゴージャスなバスに乗ってベリーズの国境へ向かいます。このバス。日本の一等バス並みにふかふかのシートとリクライニングは良いのですが・・・エアコンがとーっても寒い!!サービスを履き違えている!笑日本人旅行者からは「冷凍バス」と呼ばれるこの寒さ、確かにまぐろになりそうだ。冷凍風邪引きまぐろ輸出になってはどうしようもないので、寝袋をシートに敷いて、ぬくぬくと出国です☆夜中のア...

  •  2
  •  0

Tulum,Mexico-2~遺跡のむこうにカリブ海を望む~

わたしは結構Tulumの町並みを気に入り、長く滞在することとなりました。そこへ、Cancunで出会ったホルヘから連絡が(o・∀・o)「朝イチのバスでTulumに行くよ!」・・・マジですか!?ありがとうホルヘ!!!という訳で、優秀なガイドさまを引き連れて遺跡へ向かうこととなりました☆はたまた蚊の跋扈するジャングルを抜けると、石の積み上げられた門があります。そこを抜けると・・・広い敷地に広がる遺跡の数々が!!建物はシンメトリ...

  •  2
  •  0

Dos Ojos,Mexico~セノーテ・ダイビングの荘厳さに息をのむ~

念願のセノーテへ、やってきました!!ライセンスを取って以来、ここでダイビングをすることが目標でした☆セノーテとはジャングルに落ち込む陥没鍾乳洞で、主に地下水で満たされています。が場所によってはカリブ海と通じており、塩水と淡水の層を観察できるところも。わたしが行ったのは、Dos Ojosセノーテ、意味は「二つの目」です。グランセノーテはシュノーケルには有名だけど、ダイビングにはイマイチらしく。余りの荘厳さ、...

  •  0
  •  0

Tulum,Mexico~ビーチで廃墟を見つけ、鶏肉のチョコレート煮をたべる~

Cancunを離れ、バスを乗り継いでTulumという小さな町へやってきました。ここには、チェチェン・イツァなどで有名なマヤ遺跡郡のひとつがあります。そして、特にトゥルムをオススメされた理由は、他の遺跡がジャングルの中にあるのに対し、ここはカリブ海を望んで残る唯一のものだったからです。かつ、スペイン人たちが一番最初に発見したマヤ遺跡らしい。到着後とりあえず宿を確保し、日課の洗濯を行い、翌日にはビーチへ!!直前...

  •  1
  •  0

Cancun,Mexico-2~カリブ海と初対面し、深夜にサルサを踊る~

カンクンのローカル食堂で最高に美味しい朝ごはんをご馳走になった後、ホテルゾーンのビーチへ!!!リッツカールトンやマリオット等高級ホテルチェーンやブランドのフラッグショップの立ち並ぶおしゃれな道を通り抜けると、何たる美しさのカリブ海☆はじめまして、きたぜーっ(*゚▽゚*)グラデーションに7つの色を持つといわれるそのビーチは、言葉にできない青さでした。そして日に輝くホワイトサンド。余りに眩しくて眠くなってしま...

  •  0
  •  0

2ヶ国目:Cancun,Mexico~安宿の話と最高のローカル朝ごはん~

さて、ロスを出発したVirsinAmericaは大変大雑把なサービスでメキシコはカンクンに到着です!!とうとうやってきました初めてのメキシコ(^0^)否応にもテンションが上がります。ところが。日本から予約していた宿は、どうやら中心地からかなり離れた所にあるらしく、タクシーしか手段がない。そしてタクシーは¥5000もする!!!冗談じゃないので、支払い済みだった宿を諦めて、バスターミナル周辺の安宿を探します。運良く一...

  •  1
  •  0

1カ国目:Los Angels,USA~ビーチで夕日を眺める~

さて、別れを惜しみつつもあっという間に成田に到着し、あっという間に搭乗時間を迎えてしまいました。離れるのは、もちろんワクワクするし楽しみなんだけど、ほんの少しの寂しさを抱えて。普段殺伐としたLCCに乗りなれているので、ゴージャス過ぎるシンガポール航空のサービスに若干戸惑います。何ですかアメニティがジバンシィって。CAのお姐さんたちは真っ赤なマニュキアが美しいし。ご飯おいしいし。映画を数本見ているうちに...

  •  2
  •  0

出発に至るまで

No image

小さい頃から、ずっとなぜか「自分は海外で暮らすんだ!」と思い込んでいたわたし。高校生になってからは、クラスメートがワーホリに行ったのをキッカケに、留学の道を考えました。大人になり、ある駐在員暮らしが長かった方と知り合いになりました。彼曰く、ワーホリや留学は結局、日本での生活と何も変わらないよ、と。言語や環境が違うだけで、学校や仕事場と家を往復するのは一緒。同じ金額を使うなら、世界一周を考えて見るの...

  •  0
  •  0

はじめまして(=^ェ^=)

はじめまして。世界一周をすることになりました♪( ´▽`)齢26歳、奇しくも旅の名作「深夜特急」にて「旅の適齢期」と呼ばれる年齢です。好きなものは、猫とミルクティーと河童。美しいもの。美味しいもの。そして、新しい何かを見つけること。嫌いなものは、吠える犬と納豆と保守的ライフ。目標は、いっちょ前の写真家になること。オンナひとり、ぐるりとお出かけ。私でしか見つけられない、ユニークな日々をお届けします\(^o^)/...

  •  1
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。